スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PowerMate 追記

前記事の続き。

結局、設定は↑の記事のままでやっています。だいぶ、慣れてきました。
そこでひとつ追記をば。

SAIにおいては、カンバスの回転はAlt+Spaceとドラッグで出来るのですが、
実は拡大縮小もブラシサイズ変更も、キーボード(左手の組み合わせ)で出来ます。笑い。

拡大はCtrl+Space, 縮小はCtrl+Alt+Space
ブラシサイズ変更はCtrl+Altしつつドラッグ、です。
しかもこのブラシサイズ変更はその場で見ながら出来るうえに、
ブラシサイズの倍率単位で変更することができるのです。
20130204.png
x0.1にすれば、こういう細かなブラシサイズにまで。
Alt+Spaceでカンバスの回転を自由自在にできるのと同じようなものですね。(ノ∀`)タハーッ

( ^ω^)・・・。
スポンサーサイト

PowerMate 買いました

IMG_0764s.jpg
おしゃんてぃーなデバイスを導入しました。
これはどうするものかというと、見ての通り、ボリュームノブのように回すだけです。
押し込み、押し込みながらの回転、押し込みホールド、もあります。
そのアクションにショートカットを割り当てる補助デバイス、ということであります。

必要なの?と訊かれれば、まぁ別にそーでもないと思います。
Intuos4や5には、タッチホイールもついてますし。
ただタッチホイールは静電気で感知しているので、キーボードとの位置の関係上、左腕で触って誤作動しちゃうので、デフォで切ってたりするんですよね。
あと静電気なので、微妙な操作に弱いっていう。
そこは物理的に回せるもののほうが良い…かも、しれません。

ってことで買いました。蒼く光りますし!アオニソマルマデー

USBぶっさしたらとりあえず光ります!ドライバ落としてきてインストール。
20130131-01.png
デフォルトではこうなっています。
ここでショートカットを登録したいアプリケーションを追加して、それぞれ設定します。
試しにGlobal Settingsにマウスホイールを指定すれば、どのアプリケーションでもマウスホイールと検知してくれるようになります。

20130131-02.png
設定では、ホールドを感知する時間の長さ、LEDの明滅、明滅インターバル、LEDの明るさ、などが選択できます。
とりあえずこんぐらいに設定しました。

デフォでアプリケーションをいくつか追加することができます。
iTunesやWebブラウザ、メモ帳など。
20130131-03.png
デフォのFirefoxの設定はこんなもんです。
センシを弄らないと思った感触が得られませんので、実際に触ってみてセンシを弄りましょう。
スクロールのセンシはMAXにしましたが、タブの切り替えはMAXだとパナいです。

さて、本命のお絵かきツールですが、Photoshopはまだ使い方を知らないのでSAIだけ。
SAIの設定はこんな風にしてみました。センシはMAXで。
20130131-04.png
しばらくこの設定で実際にお絵かきしてみましたが…そのままの回転アクションをブラシサイズ変更にしたほうがいいかも。カンバス拡大縮小は右手のマウスホイールでやるのに慣れてるので。
まぁそれ言ったら、ブラシサイズ変更も実はタッチホイールでやってたんだけどね……。
あと、お絵かき初心者の学習部屋の管理人さんはカンバスの回転を割り当てていましたが、カンバスの回転はAlt+Spaceとドラッグで自由にぐりぐり回せるので、割り当てなくても良いように思います。

*感想
つまみ回すの楽しいです。直感的に弄れますし。ただ、ストロークが浅いからなのか、中のバネが強すぎるのか、押し込みが若干やりづらいです。えいっと押さないと凹まないのよね、コレ。右利きの人でも左利きの人でも、基本的にこれは非力な非利き手で操作すると思うので、そこが残念かなー。あとこれは予想できてましたが、押し込み+回転アクションをする前後に、回転アクションが検知されることがあります。センシが最大のせいもあるんでしょうが……うーん。押し込むだけならそうでもないですが、押し込み+回転アクションはやりづらいし、使わなくてもいいかも、ですね。

まーでもいいです。光るし。シャレオツでおシャンティなオサレデバイスだし。
液晶タブレットユーザーなんかは、また違った感想になってくるでしょうね。

 ⇒追記書きました。

SSDとEIZO FORIS FS2333購入。

IMG_0487s.jpg
増設しました。
OSの入るシステムSSDをメインに、プログラムファイルを置いておくSSDをサブに。
そして今まで使っていたHDDを倉庫にしました。

ちろっと価格でSSDの値段とか調べると、本当に安くなっているもんなんですね。
ちょっとびっくりしました。
IMG_0478s_20121205035754.jpg
で、こちらがシステム用SSDです。Intelの330シリーズ、120GBモデルです。
OSの入っているシステム用HDDの使用量を見たら90GBくらいあったので、
じゃあ120GBにしよう、と。

……ですが、ダウンロードフォルダやマイピクチャが容量食ってただけで、実は64GBでも事足りていたっていうね(ノ∀`)タハーッ
しかもSSDへの無駄な書き込みを避けるため、ダウンロードやマイピクチャなどのフォルダを全てHDDに移行してしまったため、
20121205.png
実質20GBも使ってネェ!なんてことに。
いやー、まぁ、いいんです。
勝手にProgram Files以下にフォルダ作ってインストールしちゃうソフトとかあるでしょー。
Adobe CSシリーズとかさ、そういうののためっすよ!(実はまだ入れてない上に少々苦しい…

IMG_0480s.jpg
それと、OSとは別に、何度もインストールするのが面倒なプログラム用SSDがコチラ。
シリコンパワーの32GBです。安くて容量小さくてコスパ良いやつを選びました。
なのでSATA3未対応です。メインのはSATA3対応なはず。

OSをSSDにクリーンインストールしたら、OSの起動と終了が速くなりました。
といっても想像していたような一瞬、ではないですね。終了は一瞬ですけど、起動がね。
BIOS立ち上げ→OS立ち上げ→ようこそ→デスクトップ
なので、OS立ち上げまでは劇的に変化していません。RAM16GBあるし。
後ろが瞬時になった、という感じですね。
プログラムの立ち上がりもモタつきが無くなりました。

--

で、それとは別に、新しいIPSパネルのモニタを、いよいよ購入。
IMG_0498s_20121205035755.jpg
買ったのは、以前より欲しい欲しいと連呼していたEIZO FORIS FS2332の後継機、FS2333です。
ノングレアパネルなのですが、表面の加工処理がキメ細やかでギラツブが少ないのが特徴。

IMG_0511s.jpg
左がFS2333で、右が今まで使っていたRDT232WXです。
設定はどちらもsRGBの6500Kですが、やはり色が違いますね……。
FS2333を基準にするならRDT232WXは黄色く、淡い色合いです。
RDT232WXを基準にするならFS2333の白色はハッキリとした真っ白で黒色は真っ黒、色合いが濃い目です。
今まで右で慣れていたので、左のほうが若干濃く見えてしまって、アレ?って感じに。
ですが、SAIを起動して真っ白なキャンバスを一面に表示すると、それはそれはとても綺麗な白色でした。まさに純白。
そのままSAIのウィンドウをRDT232WXに持っていくと……黄色い、ような。
で、自分が描いた、自分で塗ったイラストを開いてみると、色合いがめっちゃ鮮やかで、かなり綺麗な絵に見えてしまい、それだけで上手くなったかのような錯覚さえありました。これは描いた本人もさすがに笑ってしまいましたwww
絵柄はまったく変わっていないのに、色が変わっただけでこうも印象が違って見えるとはね、と。
いやはや、おそろしいものです。

当Blogもそうですが、pixivその他の閲覧者諸氏は、どんなモニタのどんな色合いで見てるのか、非常に興味が湧いてきましたね。
ノートPCなんかだと、結構色が変わってしまいますからね。
最近のは綺麗だそうですけども、持ってないのでわかんないですしおすし。

IMG_0506s.jpg
作業環境もこんな風に一変してしまいました。
さすがにトリプルモニタはやりすぎだよぅー

Radeon HD5870 もろた

IMG_0439s.jpg

先月の話なんですが、貰っちゃいました。HD5870です。
NAGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
これ電源足りないでしょーっていうかPCに入らないでしょー。

IMG_0443s.jpg

やっぱり入らNEEEEEEEEEEEEEEEE
って思いましたが、P183V3なので、右側のHDDトレイを出せば入ります。
あと電源は買い替えようと思っていたので、ちょうど良い機会でした。

ってことで、AntecのEA-650-GREENを購入して増設してみることに。
 

  [続きを読む ⇒]

CPU載せ替え

IMG_0165s.jpg

しました。
ふと何の気なしにPCパーツサイト見てたら、「あれ?へのむもう売ってないの?」と気づき、
AMDのCPUを探したらSocketAM3+の新CPUばかりになっていて、AM3とどう違うんやと調べたら、
SocketAM3のM/BはBIOSアップデートなどで一部モデルのみAM3+に対応するらしく、
うちが使ってるA9DAはアップデートされてないのでAM3+のCPUが使えるかどうかわからず、
そんならPhenomIIx6が手に入るうちに購入して載せ替えよう!間に合わなくなっても知らんぞー
ってなノリで買いました。長い。

このPCを組んだのが初めての自作だったので、CPUのグリスとかがよくわからなかったのですが、
今回はちゃんとしたグリスを買い、グリスクリーナーで汚れを落とし、
ヒートシンクのヒートパイプにも塗りたくってやりましたよと。
IMG_0175s.jpg

隙間があるような、塗りすぎなような気もしますけど、別にいいや。
(CPUグリスのサイトの説明書.pdfには半透明になるまで伸ばすって書いてあるけどナー)
CPUには米粒大くらい乗っけて上からCPUクーラーでぐりぐり押しつぶすやり方でおkらし

20120328-01.png

ヘキサコアだぜ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
エクスペリエンスインデックスは、プロセッサ・メモリともに7.3→7.5へ上昇。

20120328-02.png

気になるCPU温度もこのへんに。かなり下がりました。
初回起動時は22度やら21度やらで冷えすぎSUGEEEEEEEEEって思ったんですが、
よくよく考えたらそれまで通電してなかったんだからそりゃ当たり前だわなって感じでした。

そう考えると、20度を下回ってないからまだまだなのかなー。でも空冷だし、まいっか。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。