スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe CS6 Design Standard 買いました

IMG_0982s_20130523045339.jpg

はい。
AdobeがCSシリーズはCS6を最後に、来月からCreative Cloudに移行すると発表したのは記憶に新しいですね。
なもんで、いつか買おう、いつ買おうか、なんて言ってたのに、慌てて、大急ぎで買いました。
私にとって最初で最後のパッケージ版Adobe Creative Suiteです。
ちなみにアカデミック版です。この黄色い帯みたいな部分がPStheBESTを彷彿とさせますね。
まさしく廉価版って感じ。

Adobe製品をフルプライスより安く買う方法があって、そのうちのひとつがアカデミック版を買うというもの。
私は学生ではないのですが、ネットの通信講座を利用して学習するスクールに一時的に在籍し、学生として(?)認めてもらい、シリアルコードを発行してもらう、という仕組み。
正確に言えば、アカデミック版を使うに値する資格を有する者、って感じでしょうか。
なので、アカデミック版のパッケージの中にはシリアルコードが記載されていません。

IMG_0983s.jpg

DVDメディアが2枚入っているのは、Mac用とWindows用ですね。
まぁAdobe公式からDLしてきてもいいんですけどね。

Design Standardは主に、Photoshop, Illustrator, InDesignを使うセットです。
PsとAiのCS6は64bit版が含まれているんですが、IdのCS6は64bit版が無いんですね。
Idの64bit対応はCCかららしい。ふーん。

ともあれ、今後これらを使いこなして、より良い作品を作っていきたいですね。
頑張ろう。勉強しよう、使い方を……。

**

余談ですが、CC移行後もCS6の永続ライセンスの販売は継続するらしいですが、
それだと定価なので、定価はめちゃ高いんで、アカデミック版を買えるうちに買っておこう、
という流れが今回の購入に至る経緯だったわけですね。ややこい。
スポンサーサイト

Intuos4 Large PTK-840専用オーバーレイシート 交換

IMG_0163s.jpg

しました。標準タイプです。
前の所有者さんが使った状態で既に削りまくりんぐだったので、許可を得て張り替えました。

4辺を両面テープで貼り付けてあるだけなので、剥がすのは楽でした。
が、ゆっくり丁寧に剥がさないと、テープが板に残りますので注意。

貼り付ける際……これが大変でしたね。微妙に位置がズレたり、ヨレたりします。
シートそのものがプラスチック?のような?金属の板みたいな?ものなので、
きちんと伸ばして4辺を貼らないと盛り上がりみたいなのができたりします。
私も貼り付けた当初は綺麗に出来たと思ったのですが、翌日帰ってきてみると、
真ん中のあたりを押すとデコボコして凹みました…orz...
で、貼り直そうと1/3くらいめくったところ、貼り付ける際に思い切り押し付けて貼ったので、
案の定両面テープの跡が……(ノ∀`)涙ちょちょぎれ
結局、その状態でヨリを戻してそっと貼り付けておきました、と。

さて、使ってみた感触ですが。
かなり、紙と鉛筆に近いですね。というより、それ以上のひっかかりがあるかも。
Intuos2、Intuos3、そして使い古したIntuos4のシートしか使ったことが無かったので、
ツルツルとは大違いだ!とかなりの驚きと感動を覚えましたね。
まぁ、Intuos3くらいのシートでも十分問題は無いと思いますし、
張り替える前のIntuos4のシートでも感触は良かったんですけどね。

問題は、摩擦が強すぎてペン先がガリガリと削れてしまうこと。
さすがに紙と鉛筆ほどじゃあないんですが、気がつくと鋭利になってます。ペン先。
その状態で絵を描くわけですから、シートに傷がガリガリと……。
ペン先は純正のものや代用品を使うことができますけど、シートはちょっとね。
こりゃ、困ったね。

IMG_0169s.jpg

若干色が違いますねー。下のがデフォルトのシートなんですけども。

新製品のIntuos5は、タッチ機能のあるモデルだと、オーバーレイシート張り替えは修理対応なのだそうですが、面倒くさいことになりそうですね。

Windows7x64環境下でIntuos4を使うと

ペイントツールSAIを使用している分には問題無かったのですが、
先日Photoshop CS5をインストールして使用してみたところ、
ペンタブの座標とマウスポインタの座標が一致しなくて、まともに使えませんでした。
具体的に言うと、ペンタブの右端にペン先を持っていってるのに、
画面上では半分くらいのところでマウスポインタが止まってしまうのです。

最初はデュアルモニタ環境だからなんかなー?と思っていましたが、
ぐぐったら打開策がありました。

windows7 64bit でIntuos4の不具合解決方法 | CLIP

なるほど、なるほど。
タブレットPC設定ですかー。ふむふむ。
そういえば、初めてWin7にしたときも、プレスアンドホールドとかいう機能にさんざん悩まされましたなー。
などと思い出しました。

20120308.png
(Click to expand)

こやつが原因かー。
ってことで手順どおりにやってみたところ、ちゃんとPSCSでも座標が一致するようになりました。
めんどくさいすなー。

ちなみに、↑の画像の下のところまで持っていくと、ソリティアやマインスイーパなども追加できたりします。
デフォルトでゲームは入ってないんですよね。これ豆知識。

--(追記)--

座標直す設定にしたら、
20120308-02.jpg
(Click to expand)
タッチホイールの設定表示がズレるようになってしまいました。なんじゃこりゃ(ノ∀`)タハーッ

Intuos4 Large

IMG_0102s.jpg

はい。
とある方のご好意により、Intuos4 Largeをお借りさせていただくことになりました。
あざまーっす!

とりあえずデケェ!

でっかいペンタブです。
カタログスペックを見て、奥行きや横幅を測ってスペースを作っておいたので、
だいたいこんなもんかという予想はついておりましたが、やはりでっかいですね。

Before
IMG_0101s.jpg


IMG_0109s.jpg
After

こんなカンジになりもうした。デカすぎてカメラに収まりきらない。

今まで使っていたIntuos3 PTZ-630(A5サイズ相当)を上に乗せてみました。
左上に合わせてあります。
IMG_0110s.jpg

IMG_0111s.jpg

IMG_0112s.jpg

サイズの違いが一目瞭然ですね。
今までとあまり違和感の無いようにしたいのであれば、Mediumサイズが良いのでしょうね。
ただ、現在使用しているモニタ(RDT232WX)が23インチで1920x1080なので、
小さいタブを使用して手首で描くか、大きいタブを使用して腕で描くか、
そのへんも考慮にいれないといけないですねー。
私自身、もうちょっと大きく描きたいと思っていたので、Lサイズで良いかなー?と。
まぁまだ慣れていないので、これから使用感を覚えていきたいところ。

IMG_0113s.jpg

細かいところだと、ペン軸の長さが短くなりました。デザインに加えて、材質も変わっています。

IMG_0114s.jpg

ペンスタンドに乗せてみたの図。小さな埃が目立ちますね。
黒色というのもありますが、Intuos3のペン軸に比べて埃がつきやすい材質で出来ています。
ちなみにIntuos4のペンスタンドの中に替え芯と芯抜きが入っています。この仕様はありがたい。

20120121.png

Intuos4はワイドサイズなのですが、入力エリアのアスペクト比(でいいのか?)が16:10らしいので、使用しているモニタのアスペクト比がフルHDなど16:9の場合はここにチェックマークを入れます。
ここを設定しないで使用している絵描きさんもいらっしゃるとは思いますけど、なんとなく。
Intuos3のワイドサイズのタブは比率とかどーなんでしょ。


お借りしたIntuos4 Lと一緒に、これからお絵かき頑張っていきまっしょい。
よろしくえいる

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。