スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これ イベント海域『決戦!鉄底海峡を抜けて!』4面まで攻略しました

20131105.png
イベント海域の4面『アイアンボトムサウンド』、いわゆるE-4まで打開しました。
別段今更新しい攻略情報などがあるわけでもありませんが、備忘録てきな何かということで、私がやったことをまとめておきましょうかね。

  

まずE-1『サーモン諸島海域』ですが、テキトーにやってればクリアできます。
というか、何も覚えてません(笑)。バケツもダメコンも使う必要がありません。
なので、E-2『ルンバ沖海域』からが本番です。
時間経過によるゲージ回復はありませんので、バケツは温存しておいても良いと思います。
「今日中にクリアしたいんや!」というのであれば止めはしませんが。私はガンガン使いました。

∇編成
・駆重雷雷駆戦(金剛型)
具体的には、島風、愛宕(or高雄)、大井、北上、雪風、金剛(or比叡)、です。
夕立改二も時雨改二もヴェールヌイもいませんので……。
この編成でスタートからボスまで直通ルート、ゲージ削ってボスを撃沈させるまで1度もハズレを引きませんでした。ボスルート確定というわけではないんでしょうけど、試行回数の少なさ故か、運が良かったんでしょうね。
ちなみに艦隊のLvは相当低いです。
E-2攻略開始時、島風改Lv26、愛宕改Lv26(高雄改Lv26)、大井改Lv27、北上改Lv28、雪風改Lv32、金剛改Lv73(比叡改Lv66)、でした。金剛は2軍(長門型の次)で使ってたので、ちとLv高いですね。
E-2攻略中にLvUPしましたが、まぁ誤差の範囲内でしょう。低Lvでも十分通用します。

∇装備
駆逐2隻が61cm四連装酸素魚雷×3のカットイン仕様
重巡が20.3cm連装砲×2、15.5cm三連装副砲33号電探のカットイン仕様
雷巡が甲標的×2(最初は20.3cm連装砲甲標的でした)
金剛型が46cm三連装砲×2、三式弾33号電探の連撃仕様
ですね。
E-4攻略後にこれを見ると……カットイン仕様よりかは、連撃仕様のほうが良いような気も?
私がE-2ボスを撃沈させたときは雪風の魚雷x3カットインでしたが……。
ちなみに比叡の連撃では沈めることができなかった模様(46cm+41cmだったからかな?)。

∇夜戦仕様について
上から順番に攻撃をします。味方のターンからで、敵のターンと交互に。
味方1番、敵1番、味方2番、敵2番、…というふうに進むので、1番が敵の1番を、2番が敵の2番を、と順番に撃沈させていくと、文字通りずっと俺のターン!となります。まぁ1番は旗艦なので、そんな理論値的なことはなさそうですが。理想としては1番が敵2番を、2番が敵3番を…といった状況でしょうか。そうすれば安全に旗艦を狙えます。
なので旗艦は、敵を必ず落とせる破壊力を持った艦、が良いかも。初手で確殺できるので。
そして最後にワンパンチで旗艦を沈められるくらいのを。
前述しましたが、比叡の連撃では無理でした……。駆逐の連撃かカットインが良いかも?
あと、夜戦は火力と雷装の合計が高いと強いみたいです。

∇連撃とカットインについて
装備品の組み合わせによって連撃かカットインになることがあります。
カットインは主砲×3+副砲魚雷なし、主砲×2~+副砲×1~、主砲×1~+魚雷×1~、魚雷×2~
連撃は主砲×1+副砲×1~+魚雷なし、主砲×2+副砲魚雷なし、副砲×2~+(魚雷×1まで)
のようです。
カットイン発動率は連撃発動率より低いことに注意ですね。

∇作戦
出撃をする前に、全艦キラキラ状態にします。
やり方は1-1を夜戦なしで2回MVP取ること。旗艦1隻だけにすると楽です。
その際1-1ボスに行って敗北したり、ダメージを受けたり、ひどいと小破・中破します。
勿論入渠させて修復しましょう。ここで、バケツを使うか使わないかは自由です。

さて、全艦にキラキラをつける作業を終えたら、いよいよ出撃です。
陣形はなんでもいい…というか何が有効なのか私はわかりませんが、道中単横、ボス単縦でOK。
中破で進撃しても轟沈しないらしいので、大破しない限り進撃しましょう。ダメコンを積んでいるなら大破進撃もアリ。ですが、ボス前で大破したとき以外は撤退しても良さそう(ダメコンが勿体無いので)。
ボス戦は、上から2番目と3番目の随伴艦どちらかが中破以下で生存していた場合、昼に移行するようです(大破はダメ)。その場合、遠征の艦隊決戦支援が来ます。E-2では使いませんでしたが。
あとはお祈りするだけです。試行回数重ねるだけ。運ゲー。ぶっちゃけこれ。

∇キラキラについて
キラキラにより、命中回避火力などといったステータスが上昇するようなしないような、果たしてキラキラを毎回毎回出撃するたびに仕込む意味があるのかどうなのか、このへんはいささか疑問符が浮かぶ点ではありますが、体感的に効果があるように思えます。なにより、キラキラつけなかったからダメだったという自責の念を回避できるだけでも、ね。
また、キラキラをつけることにより疲労を回復させることができるのも利点のひとつですね。キラキラ作業しなかったらオレンジ疲労・真っ赤疲労で出撃しまくらないといけなくなるので。
なので、ステータス上昇効果よりかは、疲労を回復させる面が大きいのかも。

余談ですが、入渠での疲労回復は間宮点滅が消えた直後くらいなのだそうです。


E-2だけでだいぶ長文になってしまいましたね。E-3,E-4についても書きたいな。
コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。