スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国で会おうぞ

サンクリからもうほぼ2ヶ月なんですが、前日に靖国神社参拝してました。

IMG_0284s.jpg

以下画像はっつけただけなので読み込み重たいです。
クリックしたら1048px幅で表示されます。
  
修学旅行か何かのバスがたくさん駐車してて景観もへったくれもなかったですが、全部で鳥居が3つあります。
あとお祭りかなんかの準備でもしてるんでしょうか。例大祭とか。

IMG_0285s.jpg
2つめ。

IMG_0288s.jpg
3つめ。

IMG_0289s.jpg
本殿(でいいのかな?)。
真正面から撮影しようとしたら警備員さんに怒られました。斜めからなら良いそう。
あと壇上からもダメ。賽銭して御礼してるところもダメ。すげー怒ってた。

少し離れたところに遊就館があります。
数年前に某N氏に連れてってもらったときは既に閉館時間が過ぎていたので中に入れませんでしたが……。

IMG_0291s.jpg
いきなりエントランスで零式艦上戦闘機52型がお出迎えしてくれます!やったーカッコイイー!
実物を目の前で見るのは初めてなので(前回は硝子越しだった+当時は全く興味が無かった)軽く感動すら覚えました。しかもちょー綺麗。

反対側にはあつらえむきな上り台があるので、そこから。
IMG_0295s.jpg
んー、デカい!良いねえ、シビレるねえ!

IMG_0296s.jpg
降りたところから。すっげかっけえ。
私の後ろのほうで若いお姉ちゃん2人組が「マジかっこええやん…」とか言いながら写真パシャパシャ撮ってました。

細かいところですが、車輪が羽に納まる機体フレームの内部色、青竹色してませんね。
上の写真ですと、ちょうど車輪のすぐ上のちょい青色したやつのことなんですが。
復元するときにしなかっただけなのか、それとも……。

IMG_0304s.jpg
機体には結構ギリギリまで寄れます。
この赤い枠のとこは「ナルノ」(乗るな)って書いてある艦載機もありますね。
私の目の前で白髪の爺様が羽をバンバンと素手で叩いてて、奥さんと思しき婆様に怒られてました(笑)。

IMG_0305s.jpg
コックピットには光学式照準器、いわゆるHUDがそのまま残されています。
このHUD、実物の映像がYouTubeで見られるのですが……すごい。驚きました。こんなにクリアに見えるもんなんですね。

零戦32型装着射爆照準器
零戦、射爆照準器
零戦、射爆照準器2

正しくは、射爆照準器というのかな……すげー。

IMG_0306s.jpg
機体側面のやつ。左側面にだけ書いてあります。

垂直尾翼の機体(所属)番号なんかもそうですが、基本左から横書きです。反対側でも左からです。バスや船なんかだと進行方向から読ませることもあるのですが、このへん謎です。艦これ勢なんかはなんでもかんでも右から左に横書きで読ませるように描いてあることもありますね。縦書き一文字改行とはまた別の。謎。

IMG_0311s.jpg
機体後方から。

IMG_0313s.jpg
お金を払ってエスカレータを上ってそこから零戦を見下ろしたところ。

2階からは有料のエリアになっていて、靖国神社に寄贈されたものや保管してある刀剣や衣服、書類といったものが閲覧できます。が、ここから先は撮影禁止エリアなので1枚も撮影してません。
歴史を振り返りつつ、いろいろ見ていくっていうやつなんですが、120分コースのルートで廻りまして、なかなかに疲れましたね……。

近代史は大政奉還して文明開化、富国強兵の明治時代からで、日清戦争や日露戦争、日中戦争そして太平洋戦争……終戦、といった具合の流れ。
まあやはり艦これで興味を持ったにわか勢としては大東亜戦争ですよね。
実際、それ関連のところが一番スペースを占めていたような気がします。一見の価値有り。
中でも、おそらく靖国に祭られているであろう英霊に触れるゾーンは、さすがに涙腺が緩みましたね。うーん……多くの若い青年の犠牲の上に、今日の日本は成り立っているんだなあと感じられ(こなみ

大広間?のスペースには九三式(きゅーさんしき)酸素魚雷や、甲標的、彗星、実物大模型の桜花、その他もろもろが飾ってあります。撮影禁止…だと思ったので一枚も写真はありませんが。欲しかったのう。
彗星は、エントランスに飾ってある零戦に比べるとかなりベッコベコしてます。ほんとにこれが空を飛ぶんか?っていう感じの。やはり現代に産まれ生きる人間なので、自動車なんかもそうですが、かなり精度の高い、綺麗な工業製品しか見てないですからね……。戦後69年、つまり70年以上も前の飛行機だからこんなもんかぁなのか、ただ復元するときにそうなってしまっただけなのか、或いはそれほど切羽詰った工場現場だったのか――。にわかなので知識が足りず、そういった類推をすることしかできませんでした。
しかしいずれにせよ、実物が見られるのはとても貴重なのです。

桜花は彗星の上に天井から吊るしてあるので、2階から見ないと、彗星のそばから見上げる形になってしまうのですが、進路上気づかなかったために、完全に時既に遅しでしたね。戻るほど気力は残っておらず、閉館時間も迫っていたので。ちなみに模型らしいよ(wikipedia調べ)

今年もいよいよ、終戦記念日が来週となりました。
偶然にも夏コミ1日目です。前日に東京入りするので、また靖国神社に行こうかなと思います。


IMG_0356s.jpg
秋葉原のヨドバシ。いいなあ、壮観だなあ。
コメント

追記:どうでもいいですけどこの零戦、羽の日の丸白フチ、緑で塗りつぶしてないですね。
後期や末期に生産された機体は現地でわざわざ塗りつぶしていたそうなので、現存してたのが塗りつぶしする暇が無かった機体なのか、はたまた復元時のものなのか……。

コメントの投稿

コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。